未分類

認知症改善だけでなく、普段の生活にアロマを取り入れたいです。

投稿日:

“私は身内に、認知症の症状が出るようになってから、認知症についていろいろ調べることが増えました。きっと世の中に、私のような認知症患者を家族に持つ人は、いろんな方法で勉強しているのではないでしょうか。

悲しいことに認知症の多くは完治が難しく、今の状態をそのまま保つよう、お薬を飲むことが多いようです。薬以外にも、計算する・昔のことを思い出す・園芸・音楽を奏でたり聴いたりするなど、様々な方法があります。ただ、本人は、「年だから」とかなりやる気がなく、どうしたものかと思うこともありました。

そんなところに、アロマ療法もあるとネット上で知りました。アロマ療法は、アルツハイマー型認知症に効果があるそうです。ただ、これもほかの方法と同じく、完治にはならず、また全員改善できるかと言えばそういうわけでもありません。全員が良くなるわけではないと言え、ただ、アロマの種類が良さそうだと思いました。同居している者も嫌でないかもしれないと感じました。

朝は、集中力・記憶力アップを促すローズマリーとレモンの組み合わせ、夜は心や身体のリラックス効果が高いラベンダーとオレンジ・スイートの組み合わせを利用するそうです。認知症、特にアルツハイマー型認知症を発症した際、脳の記憶機能を担当する「海馬」と直結した「嗅神経」と呼ばれる嗅覚を担当する神経細胞が先にダメージを受けることがわかったことが、アロマ療法のスタートだそうです。

嗅神経は、他の脳神経より高い再生能力があり、香りと刺激で機能が回復しやすいのです。嗅覚の活性化と沈静化を繰り返すことで、嗅神経と一緒に記憶をつかさどる海馬も活性化するとみられてます。100%天然植物成分のアロマオイルを使うこと、「神経の活性化」、「神経の鎮静化」を促すために、時間帯によって使い分けることが肝要です。

あと、体質的に合わない方は無理をしないほうが良さそうです。

私は、ローズマリーの香りはどんなものか、皆目見当つきません。ローズマリーティーがあるくらいですから、どきつくないといいなと期待しています。朝夕、こっそり香りを漂わせて、脳の力を少しでも取り戻せたらいいなと思いました。アロマには虫よけの効果があるので、そちらも期待しています。

そんなわけで、今からアマゾンのサイトで、ポチっとクリックしてみます。

もし、家族に好評だったり、アロマ療法に効果があれば続けていきたいと思ったりしています。そして、ここでまた2種類のアロマについて、書いてみたいと思っています。

-未分類

Copyright© 男性向け!しっとるけ , 2018 All Rights Reserved.